« New Item | トップページ | オトナの階段登った »

2018.01.12

いつの間にかナンパな舌になっていた

ガキの頃から若干複雑な環境で育っては来てるんだけど。
そういうこと、ぜ~んぶ端折って言うと、オレは江戸川区出身なんだけど、実家の田舎って言えばいいのかな?
両親は山梨出身。

その土地柄ってのもあるだろうし、後、オレは男4兄弟の一番下。
オフクロ曰く、一番食費が出てた頃は月に米1俵だったそうな。60kgか。
ちなみにだけど我が家の最高は50kgちょい笑


その当時は肉も(たぶん)魚も今よりむしろ高かったんじゃないかな?少なくとも対物価の比率で考えれば。

だもんで、当時の食卓って今と食らえると米とおかずの比率がだいぶ米のほうが多かったと思う。
少量のおかずで米を消費出来るように、どうしても味付けが濃くなる。

そんな環境だったもんで、多分にもれずオレの味覚も結構な辛党だと思って「た」。

なぜ過去形だったかと言うと、思いの外現在の味覚って現代にこー、寄っちゃったなぁと。
それを実感したのが今日の弁当。
Img_20180112_114844hd


例の、レンジで焼き魚アイテムを使って焼いた鮭を食ったんだけど。
想像通り、結構水分抜けていた。
ただ、これ、レンジによる作用もあるだろうけど、そもそも振ってある塩がかなりきつい。
いわゆる「塩鮭」を買ったんだけど、よく思い返すと「大辛」とか書いてあったような汗

多分、その振られた塩によってすでに相当中の水分が抜けていたように思う。

でもね。
この、相当塩辛くてぱさついた鮭がやたらご飯に合うのだ。

そして思い出した。

あぁ、オレがガキの頃食ってた鮭ってこんな感じだったよな。


まさにストロングスタイルだ。

今主流のナヨッちぃ、ナンパな味付けとはわけが違う。
「これで飯を食え」という明確な意思がオレの舌を直撃する。

そして米が全然足りないスパイラル!
(鮭1/3食えなかった…)

この鮭、量半分、価格も半分…とまでは言わないから価格は2/3くらいで売ってくんないかなぁ。

素直にね、「旨い」と思ったんだよ。「美味い」じゃないよ。「旨い」なの。
もっというと「ウマい」なの。
舌で感じる美味さじゃなくてさ、なんだろうな。カラダで感じるって言うか。そんな感じ。

大人になってさ、なんか飯(というか米)の量食えなくなったなー。年だなーとか思ってたの。
けど、もしかしたらオレの体調じゃなくって、おかずの味付けに原因があったんじゃないかなぁ?

ヘイセイニッポン。
いつの頃からか「塩分」と「糖質」って忌み嫌われる存在になってんじゃん。

まさに、塩鮭と米。笑

昭和の頃は、この2大要素で(少なくとも我が家の)食卓は成り立っていたと思う。

そりゃね、医学的にとか栄養学的にとか。発達している現代の常識のほうが正しいとは思うよ。
ただ、正しけりゃ正義なのか?むしろ、王道は別のところにあるのでは?


なんとなく。

「自分へのご褒美」として、しょっちゅう出来ない食事をする人多いじゃない?
そういう時って、例外なく「高い店」ってのが定番じゃん?
焼肉行ったり、イタリアン行ったり。色んな人がいるとは思うけど。

オレにとっては、ストロングスタイルの塩鮭で米食い放題。


これが最高のご馳走なのかも。


↓もしよかったらクリックを↓
にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 40代オヤジへ
にほんブログ村

|

« New Item | トップページ | オトナの階段登った »

コメント

塩分取りすぎ注意!(笑)

kou家は米の消費すごいねぇ~
月に50kって、、、食うねぇriceball

投稿: aiko | 2018.01.13 01:00

ノンベの鉄則っしょ。塩分過多は笑
米50kg越えは子供×4が一番食ってた頃の話ね。
15年くらい前になるかなぁ

投稿: Kou | 2018.01.14 07:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/40063/66269890

この記事へのトラックバック一覧です: いつの間にかナンパな舌になっていた:

« New Item | トップページ | オトナの階段登った »